2015年12月28日

2015をざっくり振り返り、2016をなんとなくのぞいてみる。

2015年はミラクカンパニーの3期目となる年でした。そして、この先
の展開に重要な意味を持つような展開の拡がりを感じた年でもありました。


新しい展開として
・パートナー企業の美容事業拡大に伴う百貨店展開サポート
・プロデュース人材輩出プログラム展開への参画
・ミラクカンパニーのコアであるVISIONARY WORK DESIGNの新展開
−従来の思考整理やビジョンメイキングに加えU理論やサイコシンセシス
等をベースにした内面開放のメソッドを強化
−1to1だけではなくワークショッププログラムを構築→海外にて実施

・各種法人向けリーダー層、マネジメント層に向けたプログラム拡大
−セルフリーダーシップ的要素を中心としてプログラム
−中期(6ヶ月)間の、マネジメント層強化プログラム
−グループコーチング型プログラム

・ボランティア活動と組み合わせたセルフリーダーシッププログラム
・パートナー/パートナー企業のブランディング(Webやプログラム開発など)
・パートナー/パートナー企業の書籍づくりサポート

また、私自身の新しい学びとして
・はなす/きくを探求する5泊6日の旅(6月〜7月)
・コークリエイション(共創型)リーダーシッププログラム(8月〜11月)
・物語編集術(9月〜1月)
・U理論
・サイコシンセシス
・NVC
・アイダモン(陰陽の統合によるアイデンティティ探求)

その他として
・カンボジアで小学校をつくる
こんなことをやってきた1年でもありました。


そして、これらに加え、2016年はこんなことを構想(妄想)しています。
・一般向けプロデュース人材輩出プログラムのリリース→全国そして世界へ
・自己探求と自己創造のプログラム
−その@対話とワーク、ヨガを中心としたリトリート型プログラム
−そのA映像/写真/音楽など感性から潜在意識へアプローチをしていくプロ
グラム
・VWDコミュニティの拡大→全国そして世界へ
・人生をかえるカフェ&本屋をつくる
・企業をはじめビジネスシーンにおいて、世界に一員としてよりよい価値を
つくるリーダー層を増やす取り組み・アプローチ

ここに書いた以外にも、素晴らしい仲間と共につくることがまだいくつか浮かび
ます。あらためて、思います。こういうことが出来るのは、共にいてくれる仲間が
いてくれるからこそ。

自分がこうしたいと思うことを、行動することが出来るということがどれだけ
ありがたいことか。それを望んでも様々な制約によってそれが出来ない人たち
が世界にはたくさんいる。

そんな中で今、自分が出来ることはなんなのか?

一人でも多くの人が、VISIONARY WORKすなわち自分の命を活かして、誰か
を喜ばせ社会をよくすることをして生きる世界をつくるために自分が出来
ることはなんなのか?

そんなことを探求する旅をしていこうと思う。

旅するように仕事をし、一本の映画をつくるかのように生きる。
味あわように日常を過ごし、ともにいてくれる人を慈しむ。資源は有限でも
人の創造性は無尽蔵。
Life is Beautiful


樂学喜(らくがき)を描くかのように自由に、楽しみ学び喜ばす人生を。

ラスコーの樂学喜.jpg
posted by U-SAN at 02:27| Comment(0) | 日記