2018年08月04日

Visionary Work Garage

ここは渋谷区富ヶ谷1丁目。とある雑居ビルの3F。夏は熱気が上昇してやたらと暑い。エレベーターはなく息を切らして階段を登ると、おしゃれとは程遠い鉄のグレーの扉。

IMG_1607.JPG

しかし、ひとたびその扉を開くと、その向こうには自分の人生が変わるきっかけを創発していこうとデザインされた空間があります。

IMG_1605.JPG


その場所の名前はVisionary Work Garage。
人生が変わるきかっけを生み出す秘密基地の様な、はたまた世界的なベンチャーがその創業時に仲間たちと集まっていたガレージの様な、また飲食の無いCafeの様な?!、味のある図書室の様な空間。

IMG_1610.JPG

『一人でも多くの人が自分のVisionary Workをして生きる世界』これが私のVisionであり、そうした世界を創ることが人生の目的

VisionaryWorkとは、自らのVisionを体現し創造しようとする生き方、そして働き方であり、人生であり仕事。

Visionary Workは、自分の命を最大限活かせているという感覚。言い換えれば“真の自分を生きている”とでも言うような感覚を伴うもの。

と同時に、自分のしていることが誰かのHappyや世の中が良くなることにつながっているんだと思える感覚もある。

IMG_1596.JPG

人は生まれてくる前にこの人生の目的を決めて生まれてはくるのだけれど、なぜか生まれた瞬間に一度無垢になる。

様々な人生体験の中ですぐに思い出す人もいれば、ずっと内側の奥のほうに追いやってしまった人もいる。

いずれにしても、真の自分を生きる=VisionaryWorkを生きるためには人生のどこかの時点で思い出す必要がある。


VisionaryWorkGarageは、そんな真の自分を生きるVisionaryWorkを思い出すきっかけを得ることを意図してつくった場。

IMG_1612.JPG

人は人生が変わる時、自分のVisionaryWorkを思い出し真の自分を生きると決める時、そのきっかけには必ず人と本と旅が関与している。それは体験的にも、周りの人たちを観察した経験としても、そう感じる。


この場は、旅は提供できないが人と本とは提供できる。私は、ここで人生が変わるきっかけになるようなワークショップをたくさん開く。自分のVisionaryWorkを体現したい人がその表現の場としてこの場を使えるように空間を提供したりもする。

IMG_1602.JPG

時に静かに本と向き合う時間を味わったり、まるで小さな出版社の様に本をつくってみたり、また望めばその人が自分のVisionaryWorkを本の様な形にすることが出来る工房の様なこともしてみようと思っている。(あっこれ誰か協力者求む(笑))

IMG_1609.JPG

旅そのものはこの空間では提供できないが、旅に出てそして戻り、その体験を語り合い分かち合う場として使ってほしいとも思う。

その体験が誰かのきっかけになる様な。そしてそれを語るその人が自分の想いをより一層強くするような。そんな場になることもイメージしている。

IMG_1601.JPG

わずか18坪のこの空間が誰かの人生を変えていく。それはなんと刺激的で有意義で感動的なんだろうって思う。


ここは渋谷区富ヶ谷1丁目。ぜひ人生が変わるきっかけと出逢いに訪れてほしいなって思う。

IMG_1595.JPG




****************************************
そうそう、この空間に使っている素材は、「古材(廃材)」や「ダンボール」や「森を維持するために伐採した間伐材」などなどでほとんど出来ています。

循環やサスティナブルといえば仰々しいが、ここで使われることによって、捨てるものが再生したり、森の循環が保たれたり、また真似する人が現れたらさらに循環とサスティナブルが広がる。そんなことも大事にしたいな〜と意図して。

IMG_1604.JPG

34446790_2135354283410033_2036141663142805504_n.jpg
posted by U-SAN at 09:34| Comment(0) | 日記

2018年01月11日

2018「場創」

毎年年始につくる、今年のテーマ漢字。

2017年「自流」
2016年「玉響」
2015年「照」
2014年「連環」
2013年「越」
2012年「解放」
2011年「成果」
2010年「自変」
2009年「創出」
2008年「挑戦」
2007年「起点」

今年で12年目になります。うん我ながら良く続いている(笑)

そして毎年、うんうん唸るのですが、今年は本当になかなか
出てこない…。何が詰まっているのか?!

そして、今朝駅までの道を歩きながら、決めました。
2018年は「場創」でいきます。「ばそう」と読んでもいいし
「ばづくり」と読んでもいい。

昨年は、自流という言葉にこんなニュアンスを感じながら
テーマにしていました。
「流れる方向は決めて、あとは流されてみる」
「予定調和ではないところから、新たなものを見出していく」

この感じは、今年も同じようにあるのだけど、でもそれでも
今年は、すこし「自ら創る」ことを意識していこうと思って
います。

場はハード・ソフト両方の意味合いがあります。

昨年から今年の5月まで期間限定でつくっているVisionary Work Garage
https://www.facebook.com/visionaryworkgarage/
IMG_8330.JPG

やっぱり、展開してみると、こういうハードとしての「場」
があることで、いろんな実験が氣楽に自由に出来る。

それはやっぱりとっても心地よいことで、6月以降のネクスト
場を展開したい。

そして、そこから様々なソフトとしての場を生み出していく。
自分で、または仲間と協働で、クリエイトしていく。

場をクリエイトしたい人たちのサポートなんかもしていく。

もちろん、一つ処にとどまらず、旅するように様々なところ
で場を創り分かち合うことも、もっともっとやっていきたい。

そう、今年はそんな生み出す年にしていこう。そんなことを思い
ながら、2018やっとスタートしはじめる感じです。

ガレージ@.jpg

ガレージA.jpg



***************************
VISIONとは誰の心の中にもある、その人が人生を通じて
体現し、創り、見てみたい世界のイメージ

ともすると曖昧で朧げなそのイメージをより鮮明に描き
、そこに言葉を纏わせることで、語り分かち合うことが
出来るようになる。

その瞬間、そのVisionはあなただけのものでなくなり、
たくさんの人の力をもらいながら、形となっていく。

そんなVisionaryに生きる人を一人でも多く増やしたいと
願って生まれたオリジナルメソッドがこちらのリンク先
にある、Visionary Work Designプログラムです。

http://www.meraq.net/service/service_career/

【実施要領】
1回約3時間のセッションを2週間に1度、全5回のプログラ
ム=計15時間

価格は100,000円(税別)で実施をしています。


この100,000円の中には、
・15時間の個人ワーク&コーチングセッション
・キャリアをデザインする23の問い
・キャリアをデザインする9枚のオリジナルワークシート
を通して、自分のキャリアの軸が見つかり、企画やプラン
ニングで応用可能な編集思考が身に付くエッセンスを凝縮
しています。


【対象の方】
□自分の転機を迎え、人生の方向性を今一度明確にしたい方
□自分を活かし、自分らしい未来につながるビジョンを描き
キャリアをデザインしたいと願う方
□自分のビジネスや組織が心から意義があり好きだといえる
ような事業ビジョン、組織ビジョンを創りたい方
□相手の持っている素晴らしいポテンシャルを見出し、引き
出していくキャリアカウンセリングや企業コンサルティング
に活用できるスキルを磨きたいという方
□自分が心から情熱を注げるビジネス、もしくはサロンなど
を立ち上げようとされている方
□ビジョンや提供価値、そこにつながるアクションをデザイ
ンするための万能なフレームワークを学びたい方。

 

【提供価値】
■自分らしさや、自分が生み出せる・生み出したい価値が
何なのかが明確になる
■上記を明確にする7つのエレメントが分かる
■7つのエレメントを使って自分の活動やビジネスのビジ
ョンや価値を明確にし、整理する考え方・視点を身に着ける
■迷ったら立ち戻る自分の羅針盤を手に入れることが出来る
■自分自身の中にある不安や恐れに自覚的になり、そのメカ
ニズムを知ることで、うまく対処できるようになる。
■企画や構想を整理しクリアにしていくために万能的に使え
るフレームワークを身に着けることが出来る
■人のキャリアデザインや組織のブランディングに万能的に
使えるフレームワークを身に着け、且つ人にアドバイスでき
るようになる。
■ビジョンを実現するために必要な行動を構造化し体系化す
ることができる。

ぜひ、ご興味ある方はFACEBOOKで直接メッセージでも、

下記URL内のサービスメニューの申し込みボタンからでも、
随時お申込みくださいね(^_^)
http://www.meraq.net/service/service_career/

自分の未来を編集するという考え方.jpg
*****************************
<電子書籍『自分|未来|編集』を出版しました>

電子書籍『自分|未来|編集』のダウンロードはこちらから 
http://amzn.to/1dRev4l

※電子書籍ダウンロードはじめての場合はこちらを参考にしてみてください。
http://www.mshonin.com/Admin/bin/1852/Storage/Amazonkindle.pdf

自分未来編集のFacebookページはこちら
https://www.facebook.com/zibunmiraihensyu
posted by U-SAN at 23:38| Comment(0) | 日記

2017年12月31日

【イベントのご案内】非構成エンカウンターグループin穂高養生園 7泊8日 2018/10/27〜11/3

「ただ共にその場にいる」8日間

22829050_1656598981058029_6520432213660204029_o.jpg
  
「共にその場にいる」ということ以外は、何をしてもしなくてもいい。そんな感覚で8日間という時間を過ごしたことは、おそらくここ何十年もなかったと思います。
   
何をしなければならないという制約を感じながら日々生きていることが日常になった今、「何をしなくてもいい時間」をとるなんていう選択肢は自分の中には無いものだと思っていました。
   
   
2017年の初め、西村佳哲さんのブログ
http://www.livingworld.net/hodaka/ に目が止まりました。
   
西村さんの本やつくる場が好きだった私は、「8日間って空けられるか?」とややビビリながらも、そのページから申し込みました。そこにある何かに期待をよせながら。
   
それから約10ヶ月の後、穂高の8日間の“非日常”を過ごした私は、その体験の中でジンワリと、ゆっくりと、いつの間にか、自分の中の何かが変わっていくのを感じていくことになるのです。
   
   
昨年に続き「場の守人(もりびと)」橋本 久仁彦 (Kunihiko Hashimoto)さん http://www.enzabutai.com/ を迎えて、2018年もこの場が開かれます。人生の中の8日間。穂高養生園という素晴らしい空間、自然と共存する感覚、滋味彩り溢れるマクロビごはん、野生の動物たち、そして共にその場にいる人。
     
2018年は、西村さんからバトンを頂き、私が主催します。といっても8日間がはじまれば私も一参加者。
   
この味わい深い8日間を、縁あって集う方々とともに過ごせることを心待ちにしながら、このご案内をしようと思います。
   
   
   
【概要】
非構成エンカウンターグループin穂高養生園 7泊8日
  
日時 :2017年10月27日(土)〜11月3日(土)
   
集合 10/27(土)13:00〜15:00頃 現地集合
解散 11/3(土)12:30頃
    
 ファシリテータ(守人):橋本久仁彦
 主宰 :鵜川洋明(ミラクカンパニー)
 場所 :穂高養生園・森の家/長野県 穂高
 参加費:60,000円(税込)
 宿泊費:12,000円×7泊+暖房費1,000円=85,000円(食費、税込)
 定員 :10〜13名
   
   
*本ワークショップの参加費は橋本さんに、滞在費は穂高養生園さんに直接お支払いいただきます。鵜川洋明(ミラクカンパニー)は非収益。主催事務を行い、当日は参加者として加わります。
   
   
【お申し込みについて】
※Facebookへの参加ボタンのみでは受付は完了していません。
◎申込“受付”までの流れ
以下の事項をお送りください。先着順で受け付けます。
 ・お名前:
 ・連絡用メールアドレス:(複数可)
 ・連絡用電話番号:
 ・ご住所:
 ・ご年齢:
 ・性別:
 ・お仕事・専攻など:(差し支えのない範囲で結構です)
 ・通信欄:(よろしければ、なにか)
 送付先:info@meraq.net
   
◎申込“完了”までの流れ:
・催行人数の下限は10名です。
・お申込みいただいた方には、催行人数に達し次第連絡します。追って参加費をお振り込みいただき、その確認をもって参加申込み完了となります。
   
*全日程の参加が前提です。
*治療や心理療法のためのグループセッションではありません。現在なんらかの治療を受けられている方は、必ず担当医またはカウンセラー/セラピストとご相談の上、参加をご検討ください。またお申込み時にはその旨をお伝えください。
   
   
   
【この場への想い】
私は、時にファシリテーターとして、時にコーチとして、時にカウンセラーとして、時にプロデューサーとして人と関わることを、今の自分のしごとにしています。
   
人は自分と誰かとの関わりを、何かの“役割”を通じて行い、そしてそこに“価値”を提供できるか否かで、自分の存在がその場に必要なのか、意味があるのかを図り生きているように感じています。
   
しかし、一方でそんな役割にはなんら関係ない次元に、「わたし」はいて、その「わたし」は時にその役割に縛られたり、価値の有無に怖れを抱いて、生き苦しい思いをしたりもしています。
   
この場を8日間過ごしてみて、私はおそらくここ何十年ではじめて「わたし」としてその場にいて、そして共にいた人たちを「その人」として関わる時間を過ごしました。
   
そこで味わった感覚はなかなか言葉には現しづらいのですが、自分の中に様々な変容が起きたのは間違いないのです。
   
その後下山して、私はまた役割を通じて価値を提供するのですが、と同時に確実に「わたし」としてそこにいる「その人(たち)」と接し、共にある感覚をもっていられる自分を感じています。
   
たとえばそれは、今まで評価判断の中で人から見られ、また人を見る感覚とは異なり、人や場の可能性を信じて、そこから創造され起きてくることを楽しめる様な感覚であったり、それゆえに受容的で、眼差しを温かくしていられるような感覚なのかなと感じています。
   
人と関わることの多い私としては、この感覚が得られたことは、何にも代え難い本当に大きなギフトだなと思っています。
    
皆が私と同じ体験をするかどうかはわかりませんが、少なくとも役割ではない「わたし」としてその場にいること、そしてその場にあらわれる対話や感覚の数々を共にわかちあってみてほしいなという想いです。
   
あなたの体験がどんな体験か?「人生の中の8日間」を、あなたと、ただ共にその場にいられたら嬉しいなと思っています。
   
   
【非構成エンカウンターグループについて】
非構成的エンカウンターグループとは、アメリカの心理学者カール・ロジャースが提唱したグループセッションのスタイル。形式はシンプルで「ただ車座になって座る」だけ。あらかじめ用意されたメニューは何もなく、共にいる人が、そこで言葉を交わしたり、また沈黙したりする中から現れてくるものを紡ぎながら進んでいきます。

IMG_8283.JPG 

IMG_8271.JPG

IMG_8286.JPG

IMG_8271.JPG

IMG_8274.JPG

IMG_8278.JPG
posted by U-SAN at 16:46| Comment(0) | イベント